外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅義偉官房長官は11日、沖縄県入りし、翁長雄志知事と同日夜、那覇市内で食事を交えて会談した。翁長氏は、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題をめぐる溝を念頭に「沖縄と政府の気持ちに距離があると、個別の問題はすれ違う」と指摘。菅氏は、日米が19年前に普天間返還で合意した経緯に触れ、名護市辺野古移設に理解を求めた。両氏は12日午後、普天間に関する集中協議の初会合を県庁で開く。

共同通信