外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 プロ野球のドラフト会議は27日、東京都内のホテルで行われ、最速157キロを誇る大型右腕、菅野智之投手(東海大)が日本ハムと巨人から1位で指名され、日本ハムが交渉権を獲得した。注目左腕の藤岡貴裕投手(東洋大)は3球団が1位競合の末にロッテが、多彩な変化球を持つ野村祐輔投手(明大)は広島が単独で交渉権を得た。大型野手・高橋周平内野手(山梨・東海大甲府高)は中日の高木守道次期監督がくじを引き当てた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信