外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅直人首相は13日午前、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせて来日したオバマ米大統領と横浜市内で会談した。両首脳は尖閣諸島周辺を含め海洋進出の動きを強める中国をにらみ、同盟関係の「深化」で一致。大統領は会談後、日本防衛の決意は「揺るがない」と表明。首相は環太平洋連携協定(TPP)で関係国と協議を始める方針の決定を踏まえ「開国の方向に進んだ」と伝達。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信