外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は、菅首相の中国訪問に向けた検討に入った。9月に発生した中国漁船衝突事件で険悪化した日中関係の早期修復を図るためで、来春の実現を目指す。菅首相の訪中は就任後初めてとなり、現職首相では09年10月当時の鳩山首相以来となる。政府筋が30日明らかにした。しかし中国側は、日本が「防衛計画の大綱」に中国軍の動向を「懸念事項」と明記したことに反発しており、実現までには難航も予想される。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信