外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【平壌共同】北朝鮮の宋日昊朝日国交正常化交渉担当大使が12日、平壌で共同通信と会見、菅首相が1日行った所信表明演説で「核とミサイル、拉致の包括的解決」を対北朝鮮政策として打ち出したことに対し「自民党時代の踏襲で認められない」と厳しく批判。改造内閣発足に伴う菅首相の所信表明に北朝鮮が反応を示したのは初めて。菅政権に厳しい構えで臨む立場を明確にした。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信