外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅直人首相は17日午前の参院本会議で、自身の北方領土訪問について「具体的な考えは持っていない」と否定的な考えを示した。公明党の横山信一氏が、領土問題を国際社会に示すため首相として北方領土を訪問すべきだと質問。これに対し、首相は「首相が訪問することのいろいろな意味を考えるとかなり慎重に考えなければならない」と述べた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信