外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【バルセロナ共同】水泳の世界選手権第9日は28日、バルセロナで競泳が始まり、個人6種目に出場する18歳の萩野公介(東洋大)が男子400メートル自由形で日本記録を0秒17更新する3分44秒82をマークして銀メダルを獲得した。五輪、世界選手権の同種目の日本勢では1960年ローマ五輪銀の山中毅以来、53年ぶりの表彰台。男子100メートル平泳ぎ準決勝の北島康介は59秒92の全体8位で29日の決勝に進んだ。

共同通信