外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【バルセロナ共同】水泳の世界選手権第13日は1日、バルセロナで行われ、競泳男子200メートル個人メドレーで18歳の萩野公介が銀メダルに輝き、同種目で五輪を含め日本勢初の表彰台に立った。萩野は400メートル自由形に続いて今大会二つ目の銀メダル。女子50メートル背泳ぎは寺川綾が100メートルに続く銅メダルを獲得。同200メートルバタフライはロンドン五輪銅メダルの星奈津美が2分6秒09で4位だった。

共同通信