外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 競泳の世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権第2日は12日、新潟県長岡市で行われ、男子100メートル背泳ぎは18歳の萩野公介(東洋大)が派遣標準記録を突破する53秒10で初優勝した。入江陵介(イトマン東進)が53秒33の2位で、萩野とともに代表入りを決めた。萩野は200メートル自由形も派遣標準を切る1分46秒28で制して代表となり、400メートル個人メドレーと合わせて今大会3冠。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









共同通信