外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】チリ鉱山落盤事故で、約70日間地下に閉じ込められた作業員33人が救出され2年を迎えた13日、北部コピアポ郊外の現場跡地で生還できたことに感謝するミサが行われた。地元ラジオ(電子版)が伝えた。奇跡の救出から2年が過ぎ、国民の関心が薄れる中、33人のうち参加者は14人にとどまった。2カ月余りの間、暗闇の地下生活を共にした仲間たちの結束も徐々に弱まりつつある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信