外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【済南共同】中国で収賄と横領、職権乱用の罪に問われた元重慶市共産党委員会書記(元党中央政治局員)の薄熙来被告(64)の5日目の公判が26日、山東省済南市中級人民法院(地裁)で開かれた。検察側は「罪状は極めて深刻だ」と指摘、薄被告に厳罰を科すよう求めた。薄被告は検察に続き意見陳述、検察側が提出した証拠について「どれほど私と関係があるだろうか」と述べ、あらためて起訴内容を否定し、争う姿勢を示した。

共同通信