外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【香港共同】7日付の香港紙、サウスチャイナ・モーニング・ポストは、収賄や横領などの罪に問われた中国重慶市元トップ、薄熙来被告が横領したとされる500万元(約8千万円)について、江沢民元国家主席の別荘整備のために党中央が用意した資金だったと報じた。消息筋の話として伝えた。起訴内容によると、薄被告は大連市の上部機関の施設改修工事に絡み、市に支払われた500万元を横領したとされる。

共同通信