外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 肝臓移植後の拒絶反応を抑える新手法を使った臨床試験を北海道大と順天堂大のチームが行い、患者4人が免疫抑制剤に頼らずに生活できるようになったことが2日までに分かった。新手法は生体肝移植を受けた患者10人に対して行い、ほかの6人も薬の量を減らすことができた。拒絶反応は、移植された肝臓を、患者の免疫細胞のリンパ球が“異物”として攻撃することで起きる。免疫抑制剤なしで拒絶反応を抑えられれば、患者の負担軽減などにつながりそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信