外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売に関する厚生労働省検討会は31日、安全確保策として「薬剤師ら専門家が、薬の使用者の状態を適切に確認できることが重要」とする基本方針を大筋で取りまとめた。大衆薬のうちリスクが高い第1類の一部品目に関し、事実上ネット販売を禁止するべきとの意見と、全面容認を求める意見の両論を併記、安全確保策の具体化は先送りされた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信