外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ジュネーブ共同】国連薬物犯罪事務所(UNODC)は22日、2015年の世界の麻薬使用者を2億5千万人と推計、そのうち約2950万人は薬物依存など乱用状態にあるとみられると発表した。特に鎮痛作用のあるオピオイド(医療用麻薬)は過剰摂取により死にもつながり最も有害だと指摘、各国に使用防止への取り組みを求めた。

共同通信