ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

藤浪投手、初の縦じまで抱負

 阪神は3日、大阪市内のホテルで新人6選手の入団記者会見を行い、ことし春夏の甲子園大会で大阪桐蔭高を連覇に導いたドラフト1位の藤浪晋太郎投手が初めて背番号19の縦じまのユニホームに袖を通し「甲子園で自分はまだ負けたことがない。(取りたいタイトルは)勝つことにこだわっているので挙げるなら最多勝」と抱負を述べた。和田豊監督は「球界のエースになるぐらいのつもりで頑張ってほしい」と期待を寄せた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。