外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 多剤耐性アシネトバクター菌の集団院内感染問題で、藤田保健衛生大病院(愛知県豊明市)でも2月以降、入院患者24人が感染していたことが4日、分かった。瀬戸保健所(同県瀬戸市)によると、うち6人が死亡したが、感染が直接の死因となった患者はいないとみられるという。同病院の柘植宏憲総務課長は「保健所への届け出や再発防止など適切な対応を取っている」と話した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信