外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本にも広く存在する藻場やマングローブ林など沿岸の生態系は、日本の年間排出量を上回る二酸化炭素(CO2)を吸収するなど地球温暖化防止に大きな役割を果たしていることが、国連環境計画などが10日までにまとめた調査報告書で分かった。一方、沿岸の生態系は開発による破壊が深刻で、20年後には大部分が消失する恐れがあるとも指摘し、各国が保全の取り組みを進めるよう提案している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信