【ジュネーブ共同】国連児童基金(ユニセフ)は25日、大人が同伴せず単独で欧州に渡った子どもの難民・移民の多くは紛争や貧困だけではなく、親らの暴力・虐待や児童婚から逃れようと国を脱出していたとの調査結果を発表した。7割以上の子どもが自分の意思で国を出ていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。