外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大阪府警堺署の虚偽供述調書作成事件で、府警は13日、真実が記載された調書を署内で隠し持ったとして証拠隠滅と公文書毀棄の疑いで、前署長仲井清警視正(59)と前副署長古川正樹警視(60)を書類送検した。虚偽の調書を作成したとして虚偽有印公文書作成・同行使容疑で、当時の署員7人も書類送検、立件は9人に上った。

共同通信