外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 血液検査で、大腸がんや、がんに変化する前の大腸ポリープがある患者を高い確率で特定する方法を、三重大大学院医学系研究科消化管・小児外科学講座の問山裕二助教らのチームが、米国の病院との共同研究で突き止め、6日までに米医学誌電子版に発表した。腕などから採取した血液を遠心分離機にかけ、上澄みを検査する簡単な方法で早期発見が可能となり、患者の生存率向上が期待される。

共同通信