外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民党は、特定秘密保護法で漏えいが禁じられる「特定秘密」を国会が監視する仕組みとして、衆参両院議長の下に国会議員をメンバーとする諮問機関を置く案の検討を始めた。中谷元副幹事長が11日、日本外国特派員協会での講演で明らかにした。各党に賛同を呼び掛け、関連する国会法改正案を来年の通常国会に提出する方針だ。

共同通信