外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 衆院の経済産業委員会は27日、東京電力福島第1原発で深刻化する汚染水問題について、閉会中審査を開いた。汚染水の流出が現在も続いているとみられ、野党が早期開催を求めていた。参考人として出席した東電の広瀬直己社長は、汚染水問題に関し「新たな心配、不便をかけており、本当に申し訳ない」と謝罪した。野党は東電の管理体制とともに、汚染水対策を東電任せにしていた政府の対応も問題視している。

共同通信