外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 公明党の山口那津男代表は28日、東京都内で講演し、衆院解散・総選挙の時期について「ここから先は任期中、いつあってもおかしくない」と述べた。安倍晋三首相が来年1月の通常国会冒頭での解散を決断した場合の対応に関し「拒否するわけにはいかない。いつやるかは首相の判断次第だ」と強調した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信