外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 第46回衆院選は4日公示され、16日の投開票に向けて12日間の選挙戦がスタートした。原発政策の在り方や環太平洋連携協定(TPP)交渉参加の是非、消費税増税といった「日本の針路」を左右する重要課題を争点として、民主、自民両党と日本維新の会など第三極勢力が政権の枠組みを懸けて戦う。共同通信の集計で午後2時5分現在、小選挙区、比例代表を合わせ1483人(重複立候補を除く)が立候補を受理された。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信