ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

衆院選16日投票、民主に審判

 第46回衆院選は16日、投票日を迎える。3年3カ月の民主党政権に有権者の審判が下る。政権継続を訴える民主党に対し、自民、公明両党は「失政」と批判、政権奪還を狙う。一方、日本維新の会など第三極は既成政党に対抗できる勢力の確保を目指す。各党幹部は14日、最終盤の舌戦を展開した。今回の衆院選は全国300小選挙区と11ブロックの比例代表(定数180)の計480議席を、現憲法下で最多の1504人で争う。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。