ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

衆院選4日公示、原発や増税争点

 第46回衆院選は4日、公示される。民主、自民の二大政党に、躍進を目指す日本維新の会など第三極が絡む争いとなる。16日の投開票に向け、3年余の民主党政権の評価に加え、原発政策の在り方、環太平洋連携協定(TPP)の是非、消費税増税への賛否を争点に論戦が始まる。12党が候補者を擁立。共同通信の集計では、3日時点での立候補予想者は1500人近くに上る。136小選挙区で民主、自民、維新3党が対決の見通し。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。