外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 安倍晋三首相(自民党総裁)は10月22日投開票を軸に調整する衆院選で、憲法9条改正や全世代型の社会保障制度改革を主要政策として訴える意向を固めた。消費税率を10%に引き上げる際の使途を組み替え、子育て支援や教育無償化の財源を拡充する案を打ち出す。政権幹部が18日、明らかにした。野党は早期解散判断について、森友学園や加計学園問題の国会論議を回避した「疑惑隠し」と批判。改憲や子育て支援策でも対決色を強めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信