外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 衆院解散後、初めての週末となった22日、各党幹部は街頭などで解散の大義や安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」の是非をめぐり舌戦を展開した。与党は株価や有効求人倍率など数字で実績を訴え、理解を求めた。野党は景気回復の実感はないとして、対決姿勢を強めた。12月2日公示、14日投開票の衆院選へ論戦がスタートした。

共同通信