外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大島理森衆院議長は6日、衆院の「1票の格差是正」や議員定数削減に向けた選挙制度改革を巡り自民、民進両党の主張の溝が埋まらない場合、双方が法案を国会提出して並行審議すべきだとの考えを示した。与党幹部は、小選挙区「0増6減」を先行実施し、新たな議席配分方法「アダムズ方式」導入を2020年以降とする自民党案が今国会で成立する可能性が強まったと表明。大島氏は7日に全政党の幹部を集めて最終協議する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信