外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 第47回衆院選は14日、投票日を迎える。安倍晋三首相(自民党総裁)の経済政策「アベノミクス」継続の是非を中心に与野党の攻防は激化しており、各党幹部は12日、最終盤の舌戦を繰り広げた。共同通信の終盤情勢調査で自民党は300議席を超す勢いを維持し、野党第1党の民主党は伸び悩む。投票率や無党派層の動向が選挙結果の鍵を握りそうだ。

共同通信