外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 第47回衆院選は2日、公示される。14日の投開票に向け、安倍晋三首相(自民党総裁)の経済政策「アベノミクス」の評価のほか、原発再稼働や集団的自衛権の行使容認問題などを争点に9党が攻防を繰り広げる。自民党が半数を大きく上回る「1強」体制を維持するか、野党が巻き返すかが焦点だ。共同通信の1日夜の集計で立候補予想者数は1180人を超える。

共同通信