外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 「12月2日公示―14日投開票」の衆院選は9政党で争う構図が28日、固まった。共同通信の集計では28日現在、1100人超が立候補を準備している。自民党は約340人の候補者を内定した。民主党は、維新の党などと選挙区調整を進めた影響もあって全議席の過半数(238人)に届かない約180人にとどまる。自民党が過半数を大きく上回る「1強」を維持するか、与野党が拮抗するかが焦点だ。

共同通信