外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 総務省は26日、9月2日現在の選挙人名簿登録者(有権者)数を発表した。衆院小選挙区ごとの有権者数をみると、最多の北海道1区48万7678人に対し、最少は宮城5区の23万3362人で、いわゆる「1票の格差」は最大で2・09倍となった。最高裁が問題視する「格差2倍以上」は7選挙区だった。

共同通信