外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力福島第1原発事故の反省から、原子力規制委員会は5日までに、原発事故時の被ばく医療体制を大幅に見直すことを決めた。低線量被ばくや、被ばくの恐れがある多くの人を受け入れる医療機関を整備するほか、重症被ばく患者の治療に当たる拠点病院を全国のブロックごとに指定、現地に急行する「原子力災害派遣医療チーム」(仮称)も新設する。

共同通信