外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ウガンダ国籍の男性被告2人が覚せい剤取締法違反(営利目的密輸)の罪に問われ、覚せい剤の押収手続きの適法性が争われている裁判員裁判公判が21日、大阪地裁であり、証人出廷した大阪税関の男性職員は取り調べ中に大声を出したことについて「密輸をくい止めるために必要」と認めた上で、「目の前にいたのは善良な市民ではなく犯罪者だ」と述べた。弁護側は取り調べの違法性を指摘、検察側は脅迫ではなく適法と主張している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









共同通信