外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 長崎原爆の熱線で焼けただれた体を撮影した「赤い背中の少年」の被写体として知られ、反核運動の立ち上げにも深く関わった日本原水爆被害者団体協議会(被団協)代表委員の谷口稜曄(たにぐち・すみてる)氏が30日午前3時45分、十二指腸乳頭部がんのため長崎市の病院で死去した。88歳。福岡市出身。葬儀・告別式は9月1日午後1時から長崎市光町16の18、平安社長崎斎場本館で。喪主は長男英夫(ひでお)氏。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

共同通信