外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 山口県周南市の連続殺人放火事件で、殺害された河村聡子さん(73)の夫が事件前、殺人容疑などで逮捕された保見光成容疑者(63)と水田の管理をめぐり口論になり、「殺されるかもしれない」と周囲に不安を漏らしていたことが27日、住民らへの取材で分かった。周南署捜査本部も事件の背景になった可能性があるとみて、動機を捜査している。同捜査本部は27日、殺人と非現住建造物等放火などの疑いで保見容疑者を送検した。

共同通信