外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 JR東日本は2日、東日本大震災の津波で被災したJR大船渡線の不通区間(岩手・盛―宮城・気仙沼の43・7キロ)で、バス高速輸送システム(BRT)の運行を開始した。大船渡駅で開催した記念式典では、男性運転士が地元の女子高校生から花束を受け取り、バスを出発させた。JR東日本は盛―大船渡間の一部区間1・9キロの線路の枕木などを撤去し、専用道を整備した。一般道と組み合わせて1日計73本を運行。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信