外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東日本大震災の津波被害を受けた青森、岩手、宮城、福島4県の主要な8漁港で、主力魚種の4月以降の水揚げ量が昨年と比べ70%超減となり、うち5漁港は85~99%超の大幅減となっていることが7日、各自治体や漁協への取材で分かった。水産設備の流失や東京電力福島第1原発事故による風評被害が原因で、関係者は「地道に復旧を進めるしかない」と話している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信