外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本サッカー協会の小倉純二会長は16日、来年のクラブワールドカップ(W杯)で東日本大震災の被災地域を会場の一つとする方針が固まったことを明らかにした。小倉会長によると、国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長が同日、東京都内で開かれたクラブW杯組織委員会で提案した。今後は日本協会が会場を選定し、FIFAの承認を得て正式に決定する。小倉会長はともに宮城、茨城のスタジアムを候補に挙げた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信