外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】東日本大震災で被災した宮城県のサッカークラブに所属する少年少女らが、スペインの強豪レアル・マドリードに招かれ、26日に下部組織のチームとマドリードで練習試合を行って勝利した。少年らはレアルが出場するスペイン1部リーグの試合も観戦、「夢のようだ」と笑顔を弾ませた。招かれたのは宮城県多賀城市、塩釜市、七ケ浜町などのクラブに所属する男女小・中学生37人。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信