ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

被災地の高卒求人1・7倍

 東日本大震災で大きな被害を受けた岩手、宮城、福島3県で、来春高校を卒業する生徒を対象とした9月末時点の県内求人数が合計で前年同期の1・7倍に急増、金融危機が深刻化する前の2008年以来4年ぶりの高水準となっていることが5日、各労働局のまとめで分かった。復興需要による人手不足や被災企業の事業再開の進展が背景。雇用の受け皿拡大は若者が地元にとどまる上で欠かせない。復興にも弾みがつきそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。