外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の被災者の孤立を防いだり、生活再建を助けたりするため、仮設住宅の定期的な訪問や交流会の企画などに携わる支援員が、岩手、宮城、福島の3県で少なくとも1600人に上ることが6日、共同通信の集計で分かった。

共同通信