外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 震災被害が大きかった岩手、宮城、福島の3県に建てられた仮設住宅885団地のうち、総務省消防庁が示した基準の距離内に消火栓や防火水槽などの「消防水利」がない団地が少なくとも130カ所に上ることが29日、共同通信のまとめで判明。市街地から離れた山中や高台の仮設住宅付近への水利新設は難しく、東北では真冬を前に暖房器具などによる火災を心配する被災者の声が続出し、市町村や地元消防は対策に本腰を入れ始めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信