外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県で幼稚園や小中高校などに在籍する児童生徒が、昨年5月時点で前年より2万6167人減ったことが6日、文部科学省が公表した2011年度学校基本調査(確定値)で分かった。減少幅は3・6%に相当する。このうち福島が1万7308人で3分の2を占め、宮城は5124人で、前年度より減少幅が2倍近く拡大。岩手は3735人で、少子化に伴う近年の自然減と同水準。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信