ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

被災3県中高生、パリでイベント

 【パリ共同】来年8月、パリで東北の魅力をアピールするイベントを計画している福島、宮城、岩手3県の中高生16人が2日、パリで記者会見し「未来をつくることを示したい」と抱負を語った。16人は3県、約100人の中高生が参加し、イベント実施に向け活動している「OECD東北スクール」の代表。計画ではエッフェル塔の隣にある公園で、巨大なバルーンをあげたり、写真展を開いたりする。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。