外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県の人口が震災後に計約11万2千人(1・97%)減少したことが9日、3県への取材で分かった。このうち津波被害を受けた沿岸37市町村は約5万9千人(2・36%)少なくなり、宮城県女川町と岩手県大槌町は住民が2割超減った。11日で震災から2年。住宅再建や交通網整備の遅れ、希望する仕事が見つからないことなどが要因とみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信