外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【クアラルンプール共同】広島市の松井一実市長は22日、マレーシアの首都クアラルンプール近郊のマラヤ大で講演し、凄惨な被爆の実態や、非核化に向けた市の取り組みを紹介、「世界の全ての人々が被爆者の意思を真摯に真剣に受け止め、核廃絶の道を歩んでほしい」と呼び掛けた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信