外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 広島の被爆者7団体の代表らは6日午前、広島市で開かれた「被爆者代表から要望を聞く会」で、安倍晋三首相と面会、集団的自衛権の行使を可能とする安全保障関連法案に関し「憲法違反であることは明白。被爆者の願いに背く法案だ」として、撤回を求めた。首相は「平和国家としての歩みは決して変わることはない。戦争を未然に防ぐもので、必要不可欠だ」と述べるにとどめた。

共同通信